0:スピードニュース



 日本で働く人の10人に1人が「鬱病」と診断されていることが14日、デンマークに本社がある製薬企業「ルンドベック・ジャパン」の調査で分かった。調査は世界16カ国で行われ、日本の鬱病患者の割合は14番目。しかし、鬱病の同僚に対して「何もしない」と答えた人が40%と突出して高く、周囲のサポート体制の遅れが明らかになった。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00000078-san-hlth

    1:さっちも☆ふらんぼわーず:2015年03月15日 08:23:14

  • むしろ、精神疾患になるとサポートどころか人は離れていく。わたしの場合人様に無様な姿見られたくないし迷惑かけたくないから隠れるし。

  • 2:xwdh610:2015年03月15日 10:14:11

  • 鬱の割合が米英他主要先進国の半分てのは意外

  • 3:くれぃじゅ:2015年03月15日 16:26:44

  • うつ病の人が居たけど、マジ何も出来ない。安易に励ますのもダメだし、話を聞いてあげると言っても限界がある。ちなみに僕はあまり安易に「鬱」というのには抵抗がある派だが。:

  • 4:江良与一:2015年03月15日 16:32:09

  • 私の上司は鬱病で休職した分、休んだ分以上に働けという態度を露骨に示したけどね→

  • 5:Night☆@ヨイツのブリリアント提督:2015年03月15日 17:20:28

  • なにも支援しない同僚率がトップかよ(´・ω・`)

  • 6:諸行無常:2015年03月15日 17:29:23

  • 日本式のサポート拡充だと職場復帰を目指すより「すこ~し退職金にイロをつけてあげるから、さようなら(今までは単にクビだったんだよ~)」になって数年後見直しなんだよな

  • 7:YAHATA@おひとり部:2015年03月15日 17:58:37

  • ←「バレるとクビになるから倒れる寸前まで受診しない」みたいな人も少なくないのでは。

  • 8:Yanagy:2015年03月15日 18:34:41

  • >今の企業では「うつ」=「落後者」のレッテルを貼られる。自分の仕事量が多すぎて他の人に気を回す余裕がないのが原因

  • 9:Yoo Koo:2015年03月15日 19:15:16

  • この中にENTEAINMENT的Bahnいるでしょ?良く考えて行け!!

  • 10:Haruhiko Matsumura:2015年03月15日 19:41:01

  • 私も産業心理カウンセラーの資格を持っていますが、職場のストレス対策には日ごろから興味を持っています。